ツイスター工法

工法の概要

ツイスター工法(回転式破砕混合工法)は、円筒内で高速回転する複数本のフレキシブルなチェーンの打撃力で地盤材料の破砕・細粒化(解砕)を行うとともに、添加材料を均一に分散させることによって、破砕と混合を同時に行う事を可能にした土質改良工法です。 一つの機構で破砕と混合を同時に行える従来にない画期的な工法で、高含水比粘性土から軟岩まで幅広い土砂性状に適応するため、建設発生土の有効利用に適している工法です。また、災害で発生した土砂混じりのガレキをチェーンの打撃により土砂とガレキを分離し、振動ふるいや風力選別で効率よく分別し、分別処理や再利用が可能となる工法です。

適応範囲

本工法は優れた混合性能と破砕、解砕性能を有しているため、粘性土から岩までの幅広い地盤材料の混合が可能です。

適用例

各種建設発生土の有効利用
建設発生土の改良、浚渫土の改良、脱水ケーキの改良、CSG材料の製造

遮水混合土の製造
最終処分場の遮水層構築(ベントナイト混合、脱水ケーキ混合)、堤体の刃金土製造(細粒土と粗粒土の混合)等

各種副産物の有効活用
コンクリート・アスファルト塊の破砕による再生利用、貝殻およびスラグ類の破砕による再資源化

汚染土壌の浄化
重金属類の不溶化処理、揮発性有機化合物(VOC)の無害化処理

ガレキ混り土砂の分別・改良工事
プラントに併設した振動ふるい機と風力選別機により、土砂とガレキを効率よく分離

各種プラントシステム概要

回転式破砕混合工法研究会

回転式破砕混合工法の最新情報はこちらをご覧ください。