ツイスター工法

工法の概要

回転式破砕混合(ツイスター)工法(特許工法)は、円筒内で高速回転する複数本のフレキシブルなチェーンの打撃力で、地盤材料を破砕・細粒化(解砕)すると共に、添加材料を均一に分散させることによって、破砕と混合を同時に行う事を可能にした工法です。また、最近では、薬剤を混合して汚染土壌の浄化にも使用されています。

適応範囲

本工法は優れた混合性能と破砕、解砕性能を有しているため、粘性土から岩までの幅広い地盤材料の混合が可能です。

適用例

各種建設発生土の有効利用
建設発生土の改良、浚渫土の改良、脱水ケーキの改良、CSG材料の製造

遮水混合土の製造
最終処分場の遮水層構築(ベントナイト混合、脱水ケーキ混合)、堤体の刃金土製造(細粒土と粗粒土の混合)等

各種副産物の有効活用
コンクリート・アスファルト塊の破砕による再生利用、貝殻およびスラグ類の破砕による再資源化

汚染土壌の浄化
重金属類の不溶化処理、揮発性有機化合物(VOC)の無害化処理

各種プラントシステム概要