廃棄物焼却炉解体工事

平成13年4月、厚生省から労働安全衛生規則が改正され事業者が講ずべき基本的な処置と合わせて「廃棄物焼却施設内作業におけるダイオキシン類暴露対策要綱」と「廃棄物焼却施設解体作業マニュアル」が策定されました。火格子面積が2m2以上、または消化能力が1時間あたり200kg以上の焼却炉を解体する場合には届出が必要とされております。

弊社では、焼却施設の大小にかかわらず解体工事の実施に当たって、厚生省の要綱、マニュアルに沿って作業を実施することは勿論のこと、周辺住民の安全、社会環境への配慮、作業員の健康などに十分注意を払って作業を行います。

焼却炉解体のフロー

対象の調査

地盤(土質)条件、地下水位、細粒分含有率等を調べます。

Next

汚染物調査 周辺環境調査

測量により打撃点を表示します。

Next

解体工法の決定 (計画書の提出)

○地点にハンマーを落下し、地盤にエネルギーを与えます。

Next

汚染物除去作業

ハンマー落下により形成された打撃孔の直径・深さを計測し、周辺土を用いて埋戻します。

解体作業

□地点にハンマーを落下し、地盤にエネルギーを与えます。

Next

廃棄物処理

ハンマー落下により形成された打撃孔の直径・深さを計測し、周辺土を用いて埋戻します。

Next

周辺環境調査

軽いハンマーで地盤をベタ打ちし、表面部分(2~3m)を締固めます。

シート囲い作業
解体作業区域内はシートで養生を行い室内を負圧状態にするとともに、電気集塵機を設置し周辺環境への影響を極力排除します
解体作業中のDXN測定
室内の換気と湿潤化により作業員への暴露を防ぎます。作業中も作業環境中のダイオキシン濃度測定を行い解体作業が安全に行われていることを確認します

最近の施工実績

企業名 解体時期 炉メーカー 火格子面積
(株)ヤクルト本社富士裾野工場 平成16年1月 (株)伊部鉄工所 1.9
(株)ヤクルト本社静岡工場 平成16年2月 (株)伊部鉄工所 0.8
平成15年度静小第29号城内
小学校校舎解体工事
平成16年3月 松坂屋建材(株) 0.42
株式会社興人富士工場焼却炉・スクラバー・送風機解体工事 平成17年2月 - -
明治製菓(株)東海工場焼却炉解体工事 平成20年8月 - -
株式会社興人富士工場PS焼却設備及び煙突解体工事 平成23年1月 - -